ボランティアとは ボランティアって自分がボランティアをして誰かの力になれれば

ボランティアとは。ボランティアって自分がボランティアをして誰かの力になれれば、他人から自己満だのなんだの言われようと別にどうでもよくないですか?
私は昔ボランティアの人の事をただの自己満だと思っていて今は人によると思っていますが、友達にボランティアって結局自己満だよねと言った事があります。
そしたら友達は、そう言う事言う?私募金とか毎月してるんだけど。と嫌そうな感じで返事をしました。
でも、今でも友達がその反応をとったという事は、友達は昔ただの自己満で募金をしていた。と感じます。
まあ今考えるとボランティアしてる人達の事をわざわざ自己満だの批判する必要もないとは思いますが、
ボランティアする側は、誰かの役に立ちたいという気持ちでやってるんですよね?ほとんど。私の友達もああいう反応をするならまあ当然。
なら私が自己満だよね。と言ってもそんな嫌な反応する必要なくないですか?
だって、誰かの役に立てるなら自己満だのなんだの言われようとどうでも良いじゃないですか?
だから私はその当時の友達は単なる親切心でボランティアやってたんではなく、やっぱり、自己満的なものも入っていたと思います。
なのに私が友達からああいう感じで言われたのがすごいムカつきます。
あんた所詮自己満だろ。と。
こういう事言うと性格の悪い奴だなと思うのもわかりますが、シンプルに考えてこう思いました。
こういうボランティアについての皆さんの意見を沢山聞きたいです。
もしかしたら新しい発見もあるかもしれないので!私はボランティアをしています。自己満足ですよ。自分の趣味を楽しみそれをボランティアで活用し 参加される皆様が楽しいと言われる。まさにボランティアの醍醐味だと有り難く思います。自分より人生経験豊富な方々から、学ぶ事もありますし。肩の力を抜いて楽しんでいます。自己満足でないとしたら何なんでしょうね。
言葉のとらえ方や感受性は一様ではなく、人により異なることはお分かりだと思います。そこに、自分の考え方を当てはめようとすることにどんな意味があるのでしょうか?あなたは天才ですね!と言われてよろこぶ人もいれば、バカにされたと思う人がいるのと同じで、ボランティア=自己満足と言われて、悪い意味でとらえる人は多いと思います。私は時々ボランティアをしますが、自己満足だと思っています。私個人は小さな存在です。もし途上国で子供を抱いた貧しい母親がお金を恵んで欲しいと言われたら差し出すでしょう。それで今日は凌げても明日はどうなるか分からないから、その場しのぎであることは分かっています。私はその国の制度や経済を変えることは出来ません。でも、もしかしたら将来有能な政治家や起業家が現れて、国が豊かになるかも知れません。その時まで、その親子が生きていれば救われます。小さな救いが未来に明かりを灯すのだと信じてやっているだけです。東北の震災の時もそうでした。家のなかの瓦礫を撤去したところで、その家族の将来の補償も苦しみを和らげることなど私にはできません。その家族の苦しみにくらべたら、瓦礫撤去は、大した助けにはならないかも知れません。でも、ボランティアが形を変えて継続していけば、未来が開けるかも知れません。ボランティア=自己満足に反証するだけでも、ある程度の考察が必要になります。お友達がボランティアに対して漠然とした考えで行動していたとしても、誰が責められるでしょうか?ボランティアをするために、考察をする必要があるでしょうか?心で感じて行動するだけで十分ではないですか?そこに、批判めいたことを言われて怒るのは自然な反応だと私は思います。もう少し大人になってください。相手の立場になって考えることの大切さを学んでほしいと思います。
要は、ボランティアをされる側が迷惑に感じたり、されたくない、と思わなければ、目的自体は何でも良いと思います。自分の為にボランティアをするのでも良し。それで、見返りが来なかったり感謝されなかったりしても不満に思わないことが大事だと思います。誰かの為に???と思ってやってて「なんでボランティアしてるのに感謝しないのされないの?」なんて思ったりしてはいけません。つまるところ、自分で何も努力してきたことがない、人に自分はこういう努力をした、といえることを持っていないのなら、そのボランティアによって、それが得られるなら、一つの手段になり得る、ということはあると思います。
たまーにボランティアをする人間です。ボランティア=自己満足だと考える人ってたくさんいると思いますが、私は逆にボランティアしている人全員に対してそう決めつける人のことがあんまり好きではなくて‥。考え方はそれぞれなのでまあなんでもいいんですが、近しい人に直接言われるとちょっとムッとしちゃうかもしれないです。私も考え方が偏っている方だとは思いますがいろんな意見がほしいと書いてあったので書きました。参考までに。
色々な理由があるでしょう。何かに誘発されて自分も何か行動を起こさなくてはと思うとか、怠惰な自分の生活を変える切っ掛けになればとか、それこそ体面的な免罪符的なアピールとしてとか、その解決としてボランティア活動を利用する。それぞれの人に聞かないと分からないでしょう。自己満足も理由の一部にはあるでしょうが、それが大きいか小さいかは人によるでしょうから、そこをみんなに強調するのは矛盾してますよ。だって貴方自身がボランティア活動をする人の理由として人の役に立ちたいから自己満足まであると認めてるのに、批判する側貴方が幅広い推測ではなく自己満足論に固執してますから、友人も含めて理由には色々あるのに自己満足論しか指摘できない狭さに、何言ってんだという感じではなかったかと思います。
ボランティアってなあに。ボランティアってなあに? ボランティアとは. 社会問題の解決のために、「自分のできることを」「できる範囲で」、「自らすすんで」行うことをいいます。 . 社会の役に立てる: ボランティアしている人からは、「自分が楽しくてやっている」という声をよく聞きます。ボランティアとは。誰もが、自分でできることを自分の意志で周囲と協力しながら無償で行う活動のことをいいます。 ボランティアを . ボランティアは、決して「~してあげる」活動ではありません。 . ボランティアって、続けていくとたくさんの発見や喜び、充実感が味わえるものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です